HOME>オススメ情報>メリットなどについて知ることができる基礎知識

新しいスタイルのメリット

葬儀会場

東京の葬儀では、従来の大規模スタイルである「一般葬」だけでなく、最近は新しく出てきた小規模なスタイルやシンプルなスタイルもよく選ばれています。小規模なスタイルのものとしては、身内だけに参列者を限定する「家族葬」があり、あまり気づかいをすることなくリラックスしながら葬儀ができるといったメリットがあります。一方のシンプルなスタイルとしては、葬儀の日程を短縮する「一日葬」や、火葬のみで済ませる「火葬式」があると言えるでしょう。どちらも費用を抑えられるメリットがあり、特に火葬式は格安で済みますが、一日葬は遺族の精神的・体力的な負担を軽減できるというメリットもあります。

費用の仕組みについて

葬儀会場

東京で葬儀をする場合、費用面が気になる人も多いと言えますが、まずは費用の基本的な仕組みを知っておくとよいでしょう。葬儀費用というのは、葬儀そのものにかかる「本体費用」と、通夜で振舞われる料理代などを指す「飲食接待費用」、そして僧侶へのお布施を意味する「寺院費用」の主に3つから構成されています。このうち最も費用が高いのは本体費用であり、先ほど紹介した葬儀スタイルによってその金額が大きく変わってくるという特徴があります。

費用相場について

葬儀会場

東京で選べる葬儀スタイルの本体費用については、まず一般葬は90万円程度が相場になっていると言えます。小規模スタイルの家族葬は60万円程度で、シンプルスタイルの一日葬は45万円程度、そして火葬式は20万円程度が相場です。ただしこれらの費用はあくまでも本体費用のみについての金額なので、実際の費用はこれに寺院費用や飲食接待費がプラスされます。ですが、一日葬は通夜をしないので飲食接待費はかかりませんし、火葬式は基本的に本体費用のみで済ませることが可能です。

広告募集中