HOME>トピックス>サービスの仕組みなどについての基本的な知識

仕組みについて

大阪では家族葬を選ぶ人が増えていますが、どういう仕組みになっているものなのかよく分からないという方もいるでしょう。家族葬とは、家族や親族、そしてごく親しい知人などに会葬者を限定しておこなう小規模スタイルの葬儀を指します。葬儀の形式の流れは、基本的に従来の大規模な一般葬と変わらないのですが、会葬者の規模だけが少なくなっているのが大きな特徴です。会葬者として呼ぶ人数については、特に決まりはなく、家族だけの数人程度から、親族や知人を含めた30人程度の場合まで幅があります。会場に関しては、家族葬用の小規模なものが用意されているケースも多いですし、自宅でおこなうことも可能です。

サービスの費用について

大阪でも選ぶことができる家族葬のサービスに関しては、従来の一般葬よりも費用が安くなるという特徴があります。葬儀というのは人数が多いほど高くなる傾向にあるので、小規模な家族葬はその分安くできるということです。実際の費用については、一般葬の葬儀本体費用は100万円を超える場合もありますが、家族葬の葬儀本体費用は50万円程度で済ませることができます。それに家族葬の場合は、会葬者が少ないため、通夜で振舞われる料理代である飲食接待費用も安く抑えることができます。

広告募集中